無添加製造3

3.低温調理 – 芳醇 –

爽やかで食欲そそる葉にんにく特有の香り、味、色をいかに損なわず「ぬた」にするか。
辿り着いた答えは、収穫のみならず調理時も徹底して温度を下げ、酸化や組成の分解を
防ぐこと。凍らずに攪拌出来る限界の低温を攻める為、撹拌機には霜がべったりと付く。
その後間髪入れず容器充填して急速冷凍し出来立ての味を保ったまま出荷の時を待つ。

←PREV                          NEXT→