有機農法1

1.雑草を制す – 緑肥 –

栽培期間外も除草剤を一切使わずにやっかいな雑草をどう抑えるか?
その答えは”毒をもって毒を制す”にありました。 “草をもって草を制す”
燕麦という品種を敢えて隙間なく繁茂させ、他の雑草の生える隙を無くす。
それをさらに緑肥としてすき込むことでノンケミカルな天然の肥料になる。

NEXT→