食育3

医事、自然に如かず – 杉田玄白 –

大局は自然にあり、医も然り、自然の流れにまかせた治療や
療養が重要であると玄白は解体新書にて説いている。
つまり、病気になっても医学に頼れではなく、人間本来が持つ
“自然治癒力” を最大限高めることが大切で、その為には
“質の高い食事が” 最も効果的であると我々は考え、
食した皆が活き活きと 仕事も 遊びも 謳歌し、その”元気の輪”
“幸せの輪” が地域全体に広がることを使命と捉えています。

←PREV