教えてあげて下さいその恐怖!!取り込む悪より、、、

1.現在の食生活の動向


目次
1.コンビニエンスストアの伸び率
2.中食の利用頻度
3.食の安全
4.添加物、、、
5.対処法、、、

忙しい生活の中、又どうしても仕方ない核家族化素材から料理をして作ることより、

〇〇の素や、いわゆるコンビニ弁当ファーストフードなど、簡単で時短できるものを

利用してしまいますよね?

中には「100%自炊です!!」という方がいると思いますが、そこにも落とし穴が、、、

あるかもなので、しばしお付き合いください。

さて、食品業界に身を置いております私どもは、 ファミレスや、定食屋、ラーメン屋等

外で食事する場所”外食”と言い、家庭で作って食べる事を”内食”調理済みで買って

食べるもの、惣菜やお弁当などを”中食”と呼称しております。

ご存知のかたもおいでるでしょうが一応、、、

この中食産業がかなり増えてきているんです。

例えば、身近にあるコンビニを見てみましょう。

yahooニュース記事より

少し前の情報で、合併なども進んでいますし伸び率はここ最近では少し変動してますが

かなりこの短期間だけでも増えてますよね。

目安としてご紹介しましたが、この中食と言われる産業について考えてみましょう。

下のグラフは中食の利用頻度です。

キューピーさん参照

確かに便利ですし、平日の昼食のお弁当にも利用したりお休みの日はゆっくりしたい等

老若男女、各世代で便利に利用させていただいてますよね。

毎日という方も、最近では増えている傾向にあるようです。

ここで考えてみましょう

食の安全てなにか、、、

1.

異物混入がありますね。

プラスティック片が入ってたとか。

少し前に爪楊枝を入れる動画がありましたよね?

あれ自体は、陳列商品に外部から入れたものなので、製造会社自体は関係ないですが、

なぜその問題をここで取り上げたのか

見て解る誤飲しにくい大きさの物でも”入っていること”が問題になった事だからです。

まあ実際は犯罪なんでこれはこれで食の危険ではあるんですが。

2.

次に腐食、いわゆる腐ったものを売っている。

これはとんでもないことですよね。

お腹壊しちゃいますし、それでお昼からの仕事が出来ず、早退して給料がもらえず、

そこに奥さんから怒りの鉄槌、挙句の果てには、離婚、、、いや喧嘩が発展してからの

ついやってしまいました殺人なんて、、、

きゃーーーーー(いや、ないない(^o^;)つい何時もの妄想癖が、、、)

3.

他に何があるか、この文章を読んでいるモニターの前で1分ほどあなたなりの食の危険

の事を、考えて下さい。

カチカチカチカチ、、、、、、、、

ーーーーーーハイ終了。ーーーーーー

なるほどーそれもありますねー、、、。

なるほど、勉強になりました。

それを踏まえて、考えてみましょう。

本当に、踏まえてるのかっ

2.の腐ったものを逆に言うと、腐らないもの、、腐りにくいもの、と言うことです。

そこには、”見える異物”でなく”見えない異物”と言っても良いものが入っているわけです。

中食で売られている、すぐに食べられる加工食品で言う、おにぎり、お弁当、惣菜などは、

腐食を遅らせる添加物ph調整剤

人工甘味料サッカリンアスパルテーム

アセスルファム・カリウム、スクラロース

保存料のソルビン酸、パラオキシ安息香酸

他にも沢山の種類があります。

冒頭にさわった、お料理される方。

固形スープお醤油お味噌などにも、上に記載してある添加物が含まれているものが

かなり沢山あります。

まあ、食べて害がないとされる基準値ではあるんですが、簡単に言うと、動物実験して

大丈夫な基準100分の1という基準

まあもっと細かな規定はたくさんある様ですが、規定が定まるまでの実験の中で、

実験体が、、、のようなこともあるようです。

それでは、具体例を上げてみましょう。

今回はph調整剤についてです。

ph(ペーハー)調整剤腐食しにくくする添加物中性を好むため酸性に振ったり

アルカリ性に振ったりといったペーハー値の調整をして菌の繁殖を抑える働きをします。

中食では、おにぎりお弁当,お惣菜など利用されることは多いですね。

商品裏の表示を見てみて下さい。

リン酸塩はph調整剤に使われる添加物の中の一つですが、このリン酸塩の過剰摂取は、

簡単に説明すると、、、腸管から、カルシウム吸収を妨げ、血中のカルシウムが不足

これにより、血中のph値崩れる

こうなると、人体内でもphを保とうとして、体内カルシウム溶けだしていきます。

こうなると、現代人にある”キレやすい””イライラする”などの症状が現れるわけです。

他、リン酸塩ミネラル不足させていきます。

ここでは、専門的に掘り下げずザックリと説明してますが、興味のある方は調べると、

いろんな事が詳しく解ると思います。

さて、これはいわゆる、過剰摂取の場合ですが、他の添加物にしても、保存料にしても、

安全基準内であれば大丈夫と言われてます。

、、、でも

知っていて摂取するのと、知らずに摂取するのとでは、やはり違う気がするので

知識の一つとしてまた、食を考える一つとして、頭の片隅にでも(^^)

ちなみにリン酸塩は色々なものに使われていますので、
(輸入冷凍エビなんかは、保水剤として、使用される場合も)

複数の食材を合わし調理されているものなんかは

複数の食材から摂取する事もあるので、お気を付けて(^^)

葉にんにく

カルシウムミネラル抗酸化力のあるもの、ビタミン類亜鉛バランスよく野菜

なんかを食べると添加物に対しての不安罪悪感も和らぐでしょうし基本、

”中食を利用される方は、野菜不足の方”

も多いのでそもそも、そこも問題かと(^o^;)

野菜を取るためにカット野菜を買われる方も農薬や殺菌方法等これはこれで問題がある

こともあるので又次回。

リーフガーリックオーガニックで、野菜が取れるバランスの良いスムージーソース。

出先で無理でも中食買って帰って食べるなど家庭で食べる時にはリーフガーリックで

ソース、ドレッシングとして自然取り込む野菜取り込む悪から体を守りましょう。

少し大げさかな(^o^;)

”罪悪感”に”さようなら”(^_^)/~

”取り込む悪”より”取り込む正義”

”美味しく”食べる、”健康野菜ソース”はこちらから!!

オンラインショップ楽天オンラインショップAmazonオンラインショップYahoo

記事の最初に戻る

The following two tabs change content below.

須夜﨑

「やってみればなんとかなるさ~。」、、、がたまにきず 趣味は料理に釣りに音楽に、ゲームに映画にお仕事に。 かる~い感じな様だけど、以外に真面目な一面も、、、 支離滅裂の妄想人間ここに見参!!