幸せのループ

3つの幸せループ
「食の楽しさ」と「おいしいの再発見」を追い求め、
高知の伝統調味料「葉にんにくぬた」の通年製造に成功し、
日本初の通年量産販売を始めたアースエイド。

当初は嗜好品の色が強い調味料を作るのだから、
とにかく味と価格さえ良ければ、それでいいと…

しかし、開発と試食を繰り返す中である傾向が見えてきます。

1.野菜を無農薬にすると味が良くなる
2.食材を無添加にすると味が良くなる
3.加工も無添加にすると味が良くなる

日々、味を求めて試行錯誤しているのですから、
それらの結論にいずれ行き着くのは当然でした。

ただ副産物として、それ以外の結論も見えてきました。

それは

無農薬・無添加の食は

次の日から元気になる!キレイになる!

ナチュラルでおいしい食材を試した次の日は、
やっぱり!朝の目覚めが良い、やる気がみなぎる、
肌がキレイになる、髪にハリがある etc…

これらの試行を延々と繰り返している内に、

①おいしいを感じる → ②健康を作り出す → ③美を生み出す

これらが輪になって好循環が生まれることにも気付きました。
さらには病気にかかり難くなり、治りやすい特典も…

たまたま伝統調味料の開発を通じて知った事実ですが、

知ってしまった以上は、みんなに伝えたい!

知ってしまった以上は、本物を作り続ける!

安心・安全な食で「幸せ」を創り出し
いつまでも、”おかげさまで”と言われる存在に。

美も健康も美味しさもやっぱり理屈なんです。結果は必ず表れる。

The following two tabs change content below.

代表取締役:嶋﨑 裕也



2004年に自動車メーカーのマツダ入社。
車両開発統括、シャシー開発、低燃費エンジン開発などに携わった後、2009年に退社。


2013年、高知県須崎市で㈱アースエイドを創業。
「健康的な食を通じてお客様に幸せを提供する」を企業理念に高知県須崎市の祖母が食べさせてくれた葉ニンニクのぬたに衝撃を感じ、県外では知られていないこの味を全国へ売ろうと起業する。栽培から加工、販売まで手掛けて海外にも展開中。


●日本綜合医学会評議員

●有機JAS認定取得、高知県エコファーマーも受ける

●「調味料選手権2015」審査員特別賞受賞


【参考インタビュー記事】
地場にこだわる6次産業化のメリット。過疎地域からの挑戦!
http://www.shikoku.meti.go.jp/shikokubito/interview/57/
index.html

最新記事 by 代表取締役:嶋﨑 裕也 (全て見る)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする